2017年6月20日

屋台料理のイベントとクェンティン・ブレイク作品展

2017年6月18日(日)


この週末、ヘイスティングスの遊歩桟橋 (Hastings Pier) で『aPIERtite Street Food Festival』という屋台料理のイベントが行われたので、お昼時に覗いてみました。( aPIERtite は「食欲」を意味する appetite とのダジャレ・・・ちょっと苦しい?)

2017年6月18日

キュー王立植物園④

2017年6月13日(火)

キュー王立植物園③ からの続きです。


夫が見たがっている盆栽の展示場所に移動する時に、さらっと通過した岩石庭園 (Rock Garden) です。

2017年6月17日

キュー王立植物園③

2017年6月13日(火)

キュー王立植物園② からの続きです。


巨大な温室パーム・ハウスを挟んでバラ園の反対側には、パルテール(刺繍花壇)と池 (Palm House Parterre and Pond) があります。

2017年6月16日

キュー王立植物園②

2017年6月13日(火)

キュー王立植物園① からの続きです。


バラの花が美しく咲いている時期ということで、次に向かったのはバラ園 (Rose Garden) です。

2017年6月15日

キュー王立植物園①

2017年6月13日(火)


所用があってロンドンに出かけました。昼過ぎに用事が終わった後、2003年に世界遺産に登録されたキュー王立植物園 (Royal Botanic Gardens, Kew) を初めて訪ねました。面積が約300エーカー(121ヘクタール、正方形にすると一辺が1.1km)、じっくり見て回ると2日以上かかるとも言われる広大な植物園ですが、残念ながら私たちには約4時間しか時間がありませんでした。見ることができたのはほんの一部だけですが、訪問記録としていくつか記事を書いておこうと思います。

2017年6月12日

アイスクリームを食べにベクスヒルへ

2017年6月10日(土)

よく晴れた土曜日の午後。夫が「Sparky、ベクスヒル (Bexhill) に行ってアイスクリーム食べたい?」と言うので「はい、はい、はい、はいっ!」と四つ返事(そんな言葉があるのか?)で、バスに乗って出かけました。


2017年6月10日

ステイプルクロスの村名看板

しばらく前にステイプルクロスの村名看板が新しいものに変わったようなので、記事を更新します。


2017年6月7日

ウッドランズ(オープン・ガーデン)

2017年6月3日(土)③


ブリード (Brede) 周辺で開催された「ナショナル・ガーデン・スキーム (National Garden Scheme) 」主催のオープン・ガーデン。「スカルダウン」に続いて、「ウッドランズ (Woodlands) 」というお宅の庭にお邪魔しました。

2017年6月6日

スカルダウン(オープン・ガーデン)&風見犬(2)

2017年6月3日(土)②


「ナショナル・ガーデン・スキーム (National Garden Scheme) 」主催でブリード (Brede) の近くで開かれたオープン・ガーデンに出かけました。まず訪ねたのは、「スカルダウン (Sculdown) 」というお宅です。

2017年6月5日

ステイプルクロスからブリードまで

2017年6月3日(土)①

ブリード (Brede) 周辺で開かれたオープン・ガーデンを見に行くのに、ステイプルクロス (Staplecross) からの5マイルほど(約8km)のウォーキングを組み合わせました。


バスを乗り継いでステイプルクロスへ。村ではこんな立派な草葺屋根の家を見かけました。

2017年6月3日

ウィンチェルシーのばら

2017年5月31日(水)


ウィンチェルシー (Winchelsea) に出かけたのは、バラを見るためではありませんでした。

2017年6月1日

風見魚

2年前(2015年)の8月、ロンドンに出かけた時に撮った写真ですが、この魚の風見はきっと変わらずにあるでしょう。


テムズ川の北岸、ロンドン橋(タワーブリッジではありません)の東側にある「オールド・ビリングスゲート (Old Billingsgate) 」という建物の風見です。